回収してもらう方法

このコラムをシェアする

小さな家具を処分したい

イスやちゃぶ台などは、小さい家具に含まれます。
それら300円前後で回収してもらえるので、経済的な負担になりにくいです。
家具は、燃えるゴミの日に出すことはできません。
近所の空き地や山に、不法投棄することも絶対にしないでください。
行政は月に何度か、不用品を回収しています。
その時に出すと、家具を引き取ってくれるので連絡してください。

連絡しないと、回収してくれないので忘れないようにしましょう。
また回収場所は決まっています、
自宅まで行政のスタッフが来てくれるわけではないので、どこが回収場所なのか事前に調べておきましょう。
地域によって回収場所や、回収する日が異なります。
自分が住んでいる地域の情報を入手してください。

大きい家具を引き取ってもらおう

テーブルや食器棚がいらなくなったら、行政に引き取ってもらいましょう。
行政に任せた場合、500円ぐらいで済みます。
事前にコンビニや郵便局で、料金を支払ってください。
シールをもらえるので、家具の見えやすい位置に貼りましょう。
シールを貼っている家具でないと、行政は回収してくれません。
大きな家具は、自分で回収場所まで持っていくのが大変です。
知り合いに手伝ってもらってもいいですね。

大きい家具を複数処分する際は、それだけ価格が高くなります。
1000円以上になる可能性もあるので、必ずお金を用意しておきましょう。
相場は500円前後ですが、各地域により費用が異なります。
必ず自分が住んでいる地域の費用を調べてから、連絡してください。